Vükiped:Dö Volapük/ja

Se Vükiped: sikloped libik
Jump to navigation Jump to search
Volapük Symbol.jpg

ヴォラピュク (Volapük) は、ヨハン・マルティン・シュライヤーによって創られた人工言語である。ヴォラピュクは1879年から1880年にドイツのバーデン出身のカトリック神父、ヨハン・マルティン・シュライヤーによって創られた。 シュライヤーは夢の中で国際語を創るように神からお告げを受けてこの言語を創ったとされる。1879年5月、シュライヤーは自分が編集していたカトリックの雑誌『Sionsharfe』にヴォラピュクの概要を初めて載せた。1880年にはドイツ語でヴォラピュクについての本を出すことができた。シュライヤー自身はヴォラピュクの本をドイツ語以外で書けなかったが、すぐに協力者がそのほかの言語で書いた。1889年の段階で283のクラブ、25の雑誌、25の言語で316の教科書が存在した。

フランドル地方の暗号作成者、アウグスト・ケルクホフスは長年ヴォラピュクの学士院の長を務め、各国に運動を広げた。しかし、シュライヤーは免許を発行した人以外にヴォラピュクを教えてはならないなど、言語に関する運動の権利や名誉を保持しようとしたため、学士院との間に対立が生まれる。運動は分裂し、ヴォラピュク使用者たちはシュライヤーが創ったヴォラピュクに見切りをつけてイディオム・ネウトラルや他の新しい国際語に乗り換えるなどした。1887年、エスペラントの最初の教科書『Unua Libro』が出版される。エスペラントの学習はより容易だったので、多くのヴォラピュクのクラブはエスペラントに乗り換えた。

1920年代、アリー・デ・ヨングはヴォラピュクの使用者たちの同意を得て、ヴォラピュクの改造版をつくって1931年に出版した。デ・ヨングの指導の下、ヴォラピュクはつかの間だったがオランダやドイツで再び人気を得た。しかし、それらの国ではナチスの支配が広がり、エスペラントやその他の人工言語とともに抑圧され、復活しなかった。現在、世界でヴォラピュクの使用者は25から30人いると見積もられている。(--全文を読む)